医療施設のクリーニング3|岐阜の清掃会社「マルワビソー」 「カビ処理革命」認定施工代理店

ブログ&ニュース

医療施設のクリーニング3

2019年11月26日

岐阜県瑞穂市のハウスクリーニング業マルワビソーと申します!

オフィス清掃、店舗清掃、除カビ、防カビなどはぜひぜひご用命ください!

弊社の職人たちが鍛えし腕であなたのおうちにカビ処理革命起こします!

 

秋になると紅葉などのシーズンで山に出かける方も多いのではないのでしょうか?

山に行くと自然に触れたくなるとは思いますが、自然の中には多くの病原菌が存在します。

そんな中、かつて人類を脅かした恐怖の菌がそこら中に今もあることをご存知でしょうか?

今回はそんな菌をご紹介します。

 

今回ご紹介するのは破傷風菌です。

破傷風というと最近はあまり聞かないものですが医学が発達していない時代においては非常に恐れられた病気でした。戦争などでは先史よりもこの病気が恐れられたくらいです。死亡率は50%と非常に恐ろしい毒性を誇ります。

破傷風菌は土壌の50%に存在する菌で、怪我をした状態で土に触れたり、ふるい釘を踏んで怪我をしたり、野生動物に噛まれて感染ということもあります。

病院内には土埃が入ってくることも有ると思いますがそういう土にも含まれています。

 

最近きかなくなったのはワクチンが普及したからで、三種混合ワクチンというのを皆さん聞いたことが有ると思いますが、そういった予防ワクチンを子供の頃にしているため、感染率が大幅に下がった経緯があります。

このワクチン開発に貢献したのが日本人の北里柴三郎、教科書で出てくるような人物です。

ところがこのワクチンは一生きくわけではありません。厚生労働省も推奨していますが20歳以降は10年おきに摂取しなければいけません。ところが多数の方がこの追加接種をしていないという現状があります。というのもこのワクチン接種は保険の適用外なので高価でもあるのですね。これでも結構安くなってきてはいるのですが。

 

破傷風について取り扱った映画として震える舌というものがありますがこの病気の恐ろしさを物語っています。

具体的な症状としては潜伏期間が1日から1週間程度、その後言語障害が出たり顔周りの筋肉の痛みが始まります。第三期にはいるとバビンスキー反射、つまり海老反りのように背中を曲げるように全身が硬直します。放っておくと背骨が折れるほど反ります。この際呼吸困難等の症状も引き起こします。これが2~3習慣続きますが意識が鮮明としているからよけいに恐ろしいですね。

 

こういう病気の恐ろしさを認識した上で、院内は常に清潔にしておきましょう。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください

「カビ処理革命」認定施工代理店

有限会社マルワビソー
メールでのお問い合わせ
電話番号 FAX番号
街並
TOPへ戻る

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

電話番号

【受付時間】9:00~18:00

メール お見積もり 現場調査 会社概要