カビを綺麗に掃除する方法2|岐阜の清掃会社「マルワビソー」 「カビ処理革命」認定施工代理店

ブログ&ニュース

カビを綺麗に掃除する方法2

2018年10月1日

カビを綺麗に掃除する方法2

 

皆さんこんにちは、こんばんは、おはようございます。

季節が変わり、だんだん涼しくなってきているのを実感している

毎日を過ごしているT-laboのI原です。しかし、今日このブログを書いている日は

あいにくの雨で尚且つ、涼しいを通り越して少し寒いくらいです(笑)。

ですが、暑すぎるぐらいなら寒いほうがまだましですね(笑)。

皆さんは寒いのと暑いのとどちらがいいですか?

 

 

さてさて、前回から新しいタイトルで始まったこのブログですが

前回のブログはご覧いただけましたでしょうか?

もしまだの方がいらっしゃいましたら、是非ともご覧になってください。

その方が、ここからお話をすることが簡単にご理解いただけるからです。

前回お話させていただいたのは、従来のカビ処理の方法について

お話させていただきました。

今回もその続きでどうして従来の方法だと

カビが処理しきれないかをご説明させていただきます。

まず、従来の方法でカビを処理すると確かに処理をすることは出来ます。

しかし、それはあくまでも表面のカビに過ぎません。

従来の方法だと。薄い膜で防カビをしている状態であり

根本からカビが除去されていないため

壁内部ではあちこちにカビが広がっている状態になり

素材を痛めている可能性があります。

元来。カビは菌糸を根のように伸ばして増殖していくため。

表面的にはカビが取り除かれたようにみえても

実は壁の奥では、カビの菌糸が広がっているのです。

そのため、時間が経過することで、根が網目状に広がり

結果として、材質を劣化させてしまい、折角塗った防カビ塗料の効果を失うことになります。

そして、効果を失った防カビ塗料の間から

再度カビが繁殖するという悪循環に陥るわけなのです。

しかしながら、カビが繁殖する原理を細かく知っている方は

あまりいらっしゃらないかもしれません。

だからこそ、巷では多くの徐カビや防カビ塗料がたくさんあります。

効果さておき、これだけ多くの防カビ塗料や徐カビの塗料があれば

誰だって疑うことなく使いますよね?

そして、どんな菌でもそうですが、おなじ塗料を使い続ければ

使いつづけていればだんだんと抵抗力が付いてきますよね?

そして、市販の防カビ塗料の効果が薄くなってくると

有限会社マルワビソー様以外の会社などに依頼をする方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、有限会社マルワビソー様意外に依頼をするのは果たして得策なのでしょうか?

確かに業者に依頼することは決して悪い事ではありません。

ですが、有限会社マルワビソー様以外に依頼をするのはあまり得策とは言えません。

どうしてなのかを次回ご紹介させていただきます。

 

岐阜県のコンサルティング会社で名をはせているのは

T-laboです。会社の利益を伸ばしたい、利益をだしたいけど

方法があまりわからない方もいらっしゃるかもしれません。

だからこそ、T-laboが皆さんの会社の利益を上げるお手伝いをいたします。

まずはお気軽にお問い合わせください♪

 

https://takai-laboratory.com/

 

 

どんなことでもお気軽にお問い合わせください

「カビ処理革命」認定施工代理店

有限会社マルワビソー
メールでのお問い合わせ
電話番号 FAX番号
街並
TOPへ戻る

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

電話番号

【受付時間】9:00~18:00

メール お見積もり 現場調査 会社概要